僕だけがいない街4巻考察

僕だけがいない街4巻を考察してみた。

A 「冒頭から出てきた 加渡島建設 は悟の母親の勤め先だったんだな…。これが何を意味するのか…。」

C 「新しく出てきたあっこちゃんも気になります…。これって小さい頃に悟がこの子を連続殺人犯から無意識に助けていたってことですかね??」

B 「物置からちょー怖い人いましたよね!?!?そして悟は再び1988年にリバイバルりました」

A 「本人いわくラストチャンス…悟は必死だな」

C 「鋭いケンヤには雛月が殺されることを伝えて、前よりも積極的な協力が得られましたね」

B 「というかケンヤ何者ですか!?!?悟にカマかけてみたり…。悟も言っていましたが、一体どんな小学生ですか??見た目は子ども頭脳は大人ですか!?」

A 「……確かにケンヤの鋭さには毎度驚かされますが…焦った悟が雛月の母親を殺そうとするのを止めてくれたのは良かった」

C 「そして今回は思い切って雛月を誘拐することで未来を変えようとするわけですが」

A 「かなり大胆な行動に出ますが…そうでもしないと未来変えられないと判断したっぽいな。悟の母親と八代先生の裏サポートもかなりありがたかったはず」

B 「加代ちんを誘拐していたバスみたいなところに犯人らしき人きましたよね!悟が未来で見た犯行グッツも置いてありました!!」

C 「かなり用意周到な犯人だから、雛月さんがいることには気付いていて敢えて置いていったような気も…。」

A 「とりあえず雛月を母親から救うことができてめでたしめでたし…かと思ったけど、これ最終巻じゃないんだよなw肝心の犯人がわかってない」

B 「でもとりあえず、加代ちんの手編みに手袋がちゃんと悟に渡せたのは良かった!これって未来は変わったってことだもんね。」

C 「まだまだ安心できないと思うな…」

A 「雛月は本当に救えたのか…犯人は誰なのか…」

B 「次巻の展開の予想お待ちしております☆」

A 「それ考える役目うちら…。」

シリアス色の強い僕だけがいない街の合間にふとpとjk読むとホッとするー(笑)
みぽるちゃんのPとJKネタバレレビューは、読みやすくていいね。
もうちょっと恋愛漫画も読み漁ってみようかしらね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です