僕だけがいない街4巻考察

僕だけがいない街4巻を考察してみた。

A 「冒頭から出てきた 加渡島建設 は悟の母親の勤め先だったんだな…。これが何を意味するのか…。」

C 「新しく出てきたあっこちゃんも気になります…。これって小さい頃に悟がこの子を連続殺人犯から無意識に助けていたってことですかね??」

B 「物置からちょー怖い人いましたよね!?!?そして悟は再び1988年にリバイバルりました」

A 「本人いわくラストチャンス…悟は必死だな」

C 「鋭いケンヤには雛月が殺されることを伝えて、前よりも積極的な協力が得られましたね」

B 「というかケンヤ何者ですか!?!?悟にカマかけてみたり…。悟も言っていましたが、一体どんな小学生ですか??見た目は子ども頭脳は大人ですか!?」

A 「……確かにケンヤの鋭さには毎度驚かされますが…焦った悟が雛月の母親を殺そうとするのを止めてくれたのは良かった」

C 「そして今回は思い切って雛月を誘拐することで未来を変えようとするわけですが」

A 「かなり大胆な行動に出ますが…そうでもしないと未来変えられないと判断したっぽいな。悟の母親と八代先生の裏サポートもかなりありがたかったはず」

B 「加代ちんを誘拐していたバスみたいなところに犯人らしき人きましたよね!悟が未来で見た犯行グッツも置いてありました!!」

C 「かなり用意周到な犯人だから、雛月さんがいることには気付いていて敢えて置いていったような気も…。」

A 「とりあえず雛月を母親から救うことができてめでたしめでたし…かと思ったけど、これ最終巻じゃないんだよなw肝心の犯人がわかってない」

B 「でもとりあえず、加代ちんの手編みに手袋がちゃんと悟に渡せたのは良かった!これって未来は変わったってことだもんね。」

C 「まだまだ安心できないと思うな…」

A 「雛月は本当に救えたのか…犯人は誰なのか…」

B 「次巻の展開の予想お待ちしております☆」

A 「それ考える役目うちら…。」

シリアス色の強い僕だけがいない街の合間にふとpとjk読むとホッとするー(笑)
みぽるちゃんのPとJKネタバレレビューは、読みやすくていいね。
もうちょっと恋愛漫画も読み漁ってみようかしらね。

僕だけがいない街3巻考察

加代ちゃんいなくなっちゃったーーーー(泣)

当たり前ですけど、悟さんの焦りっぷりがすごかったですね。結局、少し未来が変わったけれど、本質は変えられなかった…未来変えたい系ストーリーの王道なってしまいましたね。

印象的だったのが、加代の母親が捨てたゴミ袋中身。リバイバル前の記憶では加代のジャージのみだったのに、編みかけの手袋が入っていたことだな…。恐らく悟へのプレゼント…。

未来は変わらなかったけど、加代ちゃんは変わっていたっていうのが伝わる分、このシーン泣けるよー。

これをきっかけに悟は2006年に戻っちゃいましたね

しかも状況は変わっておらず、悟は母親殺害容疑者のまま…。

意味ないじゃないかー 悟のリバイバル!!!しかも絶体絶命のピンチ!!バイト先の店長には裏切られちゃいましたね。

まぁ、普通に考えたら店長と同じ行動をする奴のほうが多いんじゃないか?

でもでも、アイリがすごい信じてくれて、味方になってくれたね?あと澤田さんも!!

澤田さんはまだ信用していいか微妙かな…。私は真犯人の候補の一人だと思います。まだ何も伏線感じてはいませんが…。信用していた人こそ真犯人なのです。

今回、もう一人怪しい人出てたよね?悟たちのバイト先にも来ていた西園先生。市議らしいけど…いかにも怪しい感じで出てたな。

逆に怪し過ぎます…。事件に関わっている気がしますが、犯人ではないと思います。

悟が西園の下の名前なんだったっけ?って言ってたのが気になる!下の名前から何かヒントがゲットできそう!!

あと今回はアイリのことが色々わかりましたね。主に家庭の事情ですが。

アイリは兄夫婦佐々岡家に住んでいる。
アイリの両親は離婚している。
離婚きっかけはアイリの父親の万引き冤罪。
アイリの母は看護婦さん。

個人的にアイリの口癖と加代ちんの口癖の「バカなの」が一緒なのが気になる!何か意味があるのかなー??

確かに気になりますね。気に留めておきましょう!

3巻でもう一つ重要だったのはヒロミ殺害の理由。犯人は自分が犯人候補から外れるためにヒロミを殺した。つまり犯人はヒロミが男だと知っていた。これだけでは真犯人に結びつけられないけど、かなり重要なことだと思う。

悟、最後は警察に捕まっちゃったけど、またリバイバル起こるかな…。

そしてどこに戻るのかが、また重要だね!!

知れば知るほど怖い犯人…。

早く真犯人当てたいよー!!

僕だけがいない街2巻考察

Aリバイバルで小学校に飛ばされた悟。母親を殺害し、悟を犯人に仕立てあげた真犯人は誰なのか…。ミステリー大好きな私からすると真犯人はおそらくこの2巻の中で登場する人物の中にいると思います!!

B そうなると全てが怪しく見えてくるよー。悟が自分の家に帰ったときにいた「知らねー奴かよ」って言ってたおばさんすら怪しく思えちゃうよー。

C 確かにw とりあえずまた気になったコトバや人物から考察してみましょ☆

A やっぱり雛月ちゃんの「あたしと一緒でニセモノ」って悟に言うのと、「あたしの為に人を殺せる?」ですかね。

C ニセモノって言うのは、大人の悟が編集者さんに言われた「顔が見えない」って言うのと同じ感じかしらね…。人を殺せるって言うのは、これから殺される加代ちゃんの死亡フラグかしらね。

A まず悟は雛月加代が殺されることを阻止するために奮闘しますがポイントは雛月加代が殺されるXデーがいつなのか…悟は雛月の誕生日から3月1日ではと考え行動しますが、その翌日雛月加代は学校来ませんでした。

C おそらく殺されましたね。「雛月と最後に交わした約束は果たされなかった」で終わってますからね。

B Xデー間違っちゃったのかなぁ??

A その可能性も否定できませんね…もしくは未来が少し変わったけれど、殺人を防ぐまでに至らなかったのか…。

C 2巻だけではそこの推測を難しそうだから、気になった人物はいなかったかしら?ミステリー好きさんによれば2巻に出てくる人物が怪しいらしいから。

B ケンヤ怪しくないですかー?子どもしては鋭過ぎるというか…特に文集を読むことを勧めたあたりがなんか匂いました!!!

A 確かに文集気になりました。ここで雛月加代のsosを感じるわけですが、さらに気になるのが悟の文集内容…2巻では結局、悟の文集の内容は明かされませんが、何かの伏線な気がしてなりません。

C 鋭さで言ったら八代先生も鋭くて気になりますね。今のところケンヤも八代先生も悟にとって事件解決のために心強い味方って感じですが…そういう人こそ怪しいかもですね。

B あともう一つ!!加渡島建設!!!悟も色んなこと思い出しそうって言ってるし、カラーのイラストにもなってたし!!あの犯人として逮捕されたユウキさんのとこの帰り道だし!!

A 確かに…これらを意識して3巻を読めばまた何か見えてきそうです!!

C 雛月ちゃんの安否も気になりますし

B 最後のお誕生会とか、死亡フラグ出まくりだったので加代ちんたぶん死んでますよー。

A ………………。3巻はもっと鋭く考察できるよう頑張ります!!

僕だけがいない街1巻考察

A 漫画家を目指しているが、なかなかぱっとせずピザ屋でバイトをしながら暮らしている主人公の藤沼悟。彼には「リバイバル
という事件が起きることを予知できる能力があった。そんな彼が過去の事件と再び向き合うことになり、真犯人を追うミステリー漫画!…ざっくりいうとこんな感じだと思います。w

B ざっくりありがとうございます。wミステリー漫画なので真相、及び真犯人を見つけるための伏線がおそらく漫画の中に散らばっているのでは!?ということで一緒に考察していきたいと思います!

A ん〜考察って難しい…とりあえず気になるコトバをピックアップして色々と妄想していきましょう!!

B 妄想……早速ですが冒頭で、漫画の売込みに悟が行った際、編集者さんから言われる「作者顔が見えてこない」というコトバ…。

A これってまさか犯人が主人公の悟説の伏線!!ミステリーでもあるあるな犯人は追いかけても追いかけても捕まらず,実はもう一人の人格の自分だった!

B 確かに犯人の姿が描かれたとき、犯人もメガネかけてたし…実際に犯人として捕まったユウキさんは悟と親しくしていたみたいだし…過去の事件の記憶を忘れさせようと悟のお母さんはしていたみたいだし…なくはないような。

A でもそうすると駐車場で悟のお母さんが犯人らしき人と目が合ったってところのシーンに違和感が生じるような…でも話の展開次第では、悟が犯人でもいけそうかも…すごい怖い展開だけど面白そう!!

B 犯人は悟説は一旦置いて、他にも気になるコトバってありました?

A やっぱり雛月加代ちゃん絡みでしょ!悟の走馬灯で出てきた「何かを言っている少女」というのは加代ちゃんのことだろうし、「再び、彼女自身の口から聞くことになるとは」と言っているので、おそらくリバイバルで過去に戻り死んだ加代ちゃんと再会して事件を解いていくのだと思われます!

B 実際、1巻最後では小学校頃にリバイバルしてるみたいなので、今後の悟と加代会話には気をつける必要がありそうですね。

A あと地味に気になったのが、「アイリの夢」。あえて悟には教えてない感じがして…けっこう後になってこのアイリの夢が重要になる気がしてなりません。これは本当にただの勘で私の五臓六腑がそう言ってるだけですが!

B 五臓六腑……。一応気に留めておきます。とにかく犯人に仕立てられてしまった悟。リバイバルではまさかの小学校時代にとばされてしまい、今後の展開が楽しみですね。頑張って考察していかないと!

A 微力ながら頑張らせていただきます☆